FC2ブログ

小さな目標

2014.01.28 13:09|お知らせ
短期間 近い日付迄の目標を作りましょう。

それを一つづつ積み重ねると

「志」に近づいていくのですね。
スポンサーサイト

スイトピー

2014.01.26 00:23|お知らせ


届いた はなてがみ。

感謝の想いが箱いっぱいに詰まっていました。


突発事項

2014.01.26 00:05|お知らせ
規則正しく生活していても

外的要因に左右される時があります。

電話やメールなど他の人からの急な要望です。

その内容に時間を取られて一時的に

生活のリズムが狂います。

志がシッカリしていれば大丈夫なのですが

以前の生活に戻ることがあります。

以前の生活が楽であれば尚更あり得るのです。

少しづつ

2014.01.24 22:04|お知らせ
「新しい(希望する)継続・習慣化」は

なかなか継続・習慣化出来ません。

そこで、身体に尋ねてみましょう。

ふむふむ、細胞みたいに少しづつ変えていけば。

ですって。

新しくなった細胞に 挨拶と共に新しい希望を伝え

継続・習慣化してもらうのです。

毎日、少しづつ。

難所

2014.01.23 15:23|お知らせ
継続出来るようになるまで

習慣化するのがコツ。

(これは、習慣化すると継続出来るという

オマケ付き。)

継続・習慣化するには

それまでの継続・習慣化を変えなけばなりません。

これが一番の難所。

「それまでの継続・習慣化」は

身体に染み付いているからです。

「新しい(希望する)継続・習慣化」は

なかなか継続・習慣化出来ません。

それは それまでに自分にとって

一番なピッタリな方法が身についているからです。

そう、継続です。

2014.01.22 03:51|お知らせ
日々の継続。

「習慣」にしてしまうのです。

一番 簡単なのが 同じ時間に同じ事をする。

身体が動きを覚えると

気持ちがついていかなくても

先に身体が動いてくれます。

何て楽なんでしょう。

継続

2014.01.20 01:44|お知らせ


私達は 日々新しい細胞と生まれ変わっています。

古い細胞は 確実に無くなっていくのです。

但し 古い細胞は 新しい細胞に

必要な情報を伝えているはずです。

その主な内容は 生命に関わるものです。

「志」は 無くても
生命に別状ありません。

しかし 私達人間にとって

「志」はQOL(生活の質)を上げるうえで

重要な役割を担っている事は 理解出来るでしょう。

と いう事は

新しい細胞に常に「志」を感動と共に

伝えてないといけないのです。

それは ある作業で可能となります。

さて、何でしょう?

怠惰

2014.01.19 13:58|お知らせ
感動が人を動かす

のは、本当です。

でも、その感動をどれだけ持続出来るか。

これが問題。

なんたって 日々 生活に追われ

重要でもない事に 振り回される事もしばしば。

その雑用に追われ

大切な「志」が 霞んでしまう…

霞んでしまうようなものは 「志」じゃないの?

怠惰がそんな気持ちを助長して

ついつい ダラダラと日々に忙殺される…

こんな事 ありませんか?

原動力②

2014.01.18 05:46|お知らせ
不可解なことに

「心」だけは、その動きが読めない。

素直に流れる時もあれば

反発して逆流する事もある。

また、他の人との関係で動きに変化が現れる。

それだけに「心」を蔑ろにすると

ダメージが はるかに大きくなる。


人は 心が動いた時
初めて行動し始める。

身体を動かすのは
「感動」なのです。

原動力

2014.01.16 03:02|お知らせ
五感を揺するものは
身体を動かす。

寒いと温かい所に行くし

うるさいと
静かな場所へ移動する。

春帆楼

2014.01.13 08:42|お知らせ


あの日清講和条約を交わした

「春帆楼」に行きました。

とは言え、ここは食事や宿泊出来る

お店の方です。

ふくのフルコースを頂きました。

ふふふ、幸せ!

関門橋

2014.01.12 08:50|お知らせ


関門橋の下を貨物船が通ります。

ボーーー

海峡に汽笛が こだまします。


紋次郎?

2014.01.09 00:11|お知らせ

大好きな草をハミハミしながら

おとなしい「こはね」さんです。

先日、次女が連れて来たペットのウサギです。

生き物を飼うって大変。

でも 心を癒してくれる大切な家族です。

宗像大社(高宮)

2014.01.08 03:18|お知らせ


宗像大社の神様は美人三姉妹です。

一番末の超美人の市杵島姫神(いちきしまひめ)が

辺津宮(へつぐう)である宗像大社に祀られています。

只今 本殿は改装中でした。

奥の第二宮(長女 田心姫神)

・第三宮(次女 端津姫神)

をお参りし、更に奥の

高宮際場に行きました。

神籬であるここに神様方が降臨されたと聞きます。

遠い昔を偲びながら

手を合わせました。

馬頭観音

2014.01.07 17:27|お知らせ


今年は 午年です。

そこで 馬頭観音様とお会いしました。

額に馬の顔が見えます。

これが馬頭観音の名前の由来なのでしょう。

牛頭天王(ごずてんのう)と

同一視されることもあるそうですが

詳しい事はよくわかりません。

由布岳

2014.01.06 06:50|お知らせ


雪を頂いた 山頂に 雪煙が上がっています。

間近に見る大きな由布岳は 亡き 師匠 小野謙一氏を

思い出します。

「あそこが由布岳、あっちが鶴見山…」と

早口で指差した小野先生。

自身の大根畑で教えてくれました。

この由布岳は 先生の畑と 反対側ですが

由布岳の偉大さは変わりありません。

大きなものは やはり存在感も 大きかった。


鯛の鯛

2014.01.05 23:17|お知らせ


魚のひれに「鯛の鯛」は あります。

煮魚の時は いつも 「鯛の鯛」を探します。

本当は ひれを外したものなのですが

この画像は ひれを付けたままにしています。

モヒカンの頭みたいで 笑っちゃいました。

菅生の瀧

2014.01.02 12:18|お知らせ



年始に行く北九州市の

「菅生の瀧」です。

数日前とは異なり 温かくなった元旦でした。

瀧に虹がかかり 溜息が出るほど美しい景色でした。

今年も良い事が沢山ありますように。

富士山

2014.01.01 02:17|お知らせ


明けましておめでとうございます

今年も皆様にとって素晴らしい1年になりますよう

心から祈念致します。


旧年中は、ブログの更新がままならず

ご心配おかけしました。


瀧行ブログ「きこう で なおす」を

リンクの2番目に貼りました。

現在、百日行をしているので

毎日 瀧行の事を書いています。


先日、東京に行きました。そして

ビジネスコンサルさんの事務所を伺いました。

通称「天守閣」。

そこからの眺めは 空と雪を頂いた連なる山々。

あぁ、これかぁ。

瀧行中に見えたシーンは。


瀧行は、気功をしている時と

よく似た部分があります。

瀧行中に

今自分は気功をしているのではないか

と錯覚するほど 極似なのです。

瀧行を通して 気功を見つめ直しています。

パワーアップは 期待していませんでしたが

いつの間にか気の力は強くなっています。

皆様からのお声掛けをお待ちしています。

今年もどうぞ

宜しくお願い致します。

| 2014.01 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Catherine

Author:Catherine
気功師 Catherineです
女性のための
出張気功、気功教室を行っています

上海气功院 春日 -Catherince-

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ページトップへ