FC2ブログ

嫌なもの

2012.11.30 02:37|お知らせ
嫌なもの って

自分の中にある否定したい部分

だったりします。

だから、その現実に見える存在(似たような人)が

許せなくなってしまいます。

その存在を排除しても

自分の中に「否定したい部分」が ある事に気付かないと

また、同じようなターゲットを

攻撃します。

自分の中の嫌なものと向き合う時間を作って

どうして嫌なのかを見つめてみると

「自分が愛されたい」という部分が見えてきます。

みんな 自分が誰かから

愛されたいと思っているのです。

ならば、誰かを愛してあげれば良い。

でも、どうせなら

一番 身近で

一番大切な自分を 愛してあげましょう。

自分を大切にしてあげましょう。

自分が誰よりも 自分を理解できる存在なのです。

自分を否定している間は

他の人を理解する事が出来ません。

ならば、

他の人を理解する事から始めてみると

自分を理解する事につながるのです。

その時 初めて

自分が宇宙の一粒である事を

実感するでしょう。


自分を愛してあげましょう。

自分は 他の誰でもない

自分 なのだから。

自分の一番の理解者で

自分を誰よりも応援してくれているのだから。
スポンサーサイト

形ある夢

2012.11.29 01:26|お知らせ
夢と言うより目標かな。

目標をしっかり見据えて…そう!

ゴールを目指して走りましょう。


ゴールがあるから走る気になります。

走っている間は予想外の事も起きて

気持ちもブレがちでしょう。

でも、形ある夢が見えると頑張れるものです。

ゴールした時に改めて

目標の意味・価値を知り

辿り着いた夢を勝ち取るのです。

夢こそ目標設定。

それを叶えるためには

行動の継続が必要です。

行動の継続のためには

常に目標をしっかり見据える事です。

手に取って詳細に目に浮かぶような

形がある夢だとブレないのです。

三日坊主

2012.11.28 05:14|お知らせ
行動を維持するには

継続が必要。

だから、三日坊主にご用心。

4日目の意識の持ち方で

行動が維持出来るかが決まってきます。

相乗効果

2012.11.27 03:16|お知らせ
目に見える行動と

目に見えない意識。

優劣は 無く

寧ろ、その相乗効果は 素晴らしい。

熟睡

2012.11.26 06:17|お知らせ
何度も目が覚めて

「起きよ、起きよ。」

と言われているように思いました。

寝ている時間は短いのに

深く熟睡 出来ています。

うたた寝では マズイと布団に潜り込みますが

目は 冴える一方です。

身体が眠たくないのなら起きるか と

気になりながらもその日の準備に取り掛かりました。

何があるのだろう。

前日までは、寝ても寝ても眠たかったのに。

と、その答えは ズバリ!

私自身の体調不良でした。

と言っても、殆ど健康な私には

小さな変化も驚きなのです。

前日に食べた美味しいハンバーグに反応し?

お腹が賑やかになってしまいました。

\(//∇//)\

幸い 家の中だけの戦いでしたが…

あぁ、そうだった。

眠れない時は 体調不良になる知らせで

動けなくなるから

今のうちに目を覚まして物事を片づけておきなさい

って事でした。

結果が出て、思い出すのでした。

あすばるフォーラム

2012.11.24 23:47|お知らせ

今日 明日とクローバープラザで行われている

「あすばるフォーラム」です。

今この混沌とした経済から

甦るヒントが沢山ありました。

今までにしなかった事、

出来なかった事 に

着手するのです。

その一つが…内緒です。

明日は、受付でお手伝い致します。

お待ちしています。

^_^


お日様の明るさ

2012.11.24 02:53|お知らせ
雨でも東の空は明るいのですね。

黒雲で覆われていても

夜が開けると辺りは明るくなります。

そう考えると科学が発達していなかった古代での

皆既日食は 特に恐ろしかった事でしょうね。

お日様の有難さを改めて感じたのでした。

白い花びら

2012.11.23 02:33|お知らせ
落ち葉に紛れて白い花びらが落ちていました。

どうやらサザンカではないかと

その花を見つけたものの

写メる事が出来ず…

ブログに書きそびれていました。


何をしていても眠たくて

家に戻るとウトウトしています。

と言う事で、

ブログもぶっ飛ばして寝ていました。

ご心配された方、すみませんでした。

特に体調が悪いわけではありませんので

ご心配無く。

DV

2012.11.20 23:55|お知らせ
「DVは、究極の依存」

11/12~11/25は、DV防止週間です。

「DV防止講演会」が

春日市ふれあい文化センターでありました。

佐賀県DV総合対策センター所長の

原健一さんの講演を受講しました。

・DV行為とは、力で支配する不平等な関係。

・DVは、加害者も被害者も精神的な脆弱性が伺える。

・DV夫から妻が逃げた1年後に夫が自殺。

(妻に罪の十字架を負わせるため)

・DV夫から逃げきれず、妻が夫を殺害する。

(妻はそこまで追い詰められる)

・明治期からの家父制度のなごりや

高度成長期に強化された性別役割分業、

男女の賃金格差、

育児支援策の不足、

出産時退職、

復職の困難さ、

男性の長時間労働は、

DVを温存、強化する社会的背景です。

身近な者からの(身体的、精神的、社会的、

経済的、性的、子供を利用した)暴力により

私達が当たり前と思っている権利、

大切にしているもの、

人や地域との繋がりが

暴力によって奪われるのです。


では、どうしたら

DVの無い社会を目指せるのでしょうか。

それは、男女関係なく

一人の人として精神的、経済的に自立する事です。

外食

2012.11.19 22:00|お知らせ

十六夜堂にて。

豚モモの塩だれ丼 柚子胡椒風味!


最近、夜の集まりが多いので

外食も多くなってしまいます。

食費がぁ…

でも、その分美味しいものにありつけています。

お袋の味は世界一ですが

それに迫る食事にいつも救われています。

ひとつの物事に関わって

今までと違う人々と知り合い

友達の輪と新しい知識が

広がっていきます。

それはそれで置いてといて

)^o^( 頂きまぁす。

電話

2012.11.18 22:26|お知らせ
久しぶりに聞いたその声は

いつもと変わらず

柔らかい声でした。

ほんの5分も話したでしょうか。

要件も終わり近況報告も

こちらへの気遣いもしてくれました。

「じゃあ。」と電話を相手が切った後

ツーツーの音が切れても

受話器を耳から離さず

無音を聞いていました。

ホッとした様な

ちょっぴり寂しい様な。

でも、私の人生と他の人の人生は

どんなに仲良くても

別物です。

共感する事があっても

それぞれの感じ方は 違います。

それは 当然の事。

そうか、頑張ってるんだ。

よし!

私も負けずに頑張ろう。

受話器を置いて小さくガッツポーズをしました。

口笛

2012.11.17 19:02|お知らせ
父が先程 口笛を吹いていました。

あー、調子 良いんだな。


最近、あまり外に出歩かない父でした。

先程も 衣類の片付けをしていて急に

「疲れた。」とテレビの前に戻って来ました。

ちょっぴり顔色も悪そうに見えましたが

片付けの途中に私は 人参ジュースを作って

父に飲んでもらっていたのです。

人参パワーも効かないか?

ソファーに座って首を左右に回したり

何度も座り直したりしていました。

そのうち 相撲にチャンネルを変えると

新聞片手に

「○○は、昨日 やっせんなかった。」と

鹿児島弁で解説。

生き生きし始めました。

結びの一番(横綱相撲)が終ると

満足そうに自分の部屋で茶道関係の書類に

目を通していました。

そこへ 聞こえてきた

父の口笛。

この何気無い時間の流れの中に

こんなにも幸せが溢れているなんて

以前は 気付かなかった、

いえ、これが幸せと思わなかったのです。

当たり前の事としか 思っていなかったなぁと

過去の自分を振り返ります。

両親も私も歳を取って

ただ 老けただけかもしれないけれど

「幸せ」を「幸せ」と認識出来る様になりました。

お陰様で生きています。

ありがとうございます。

女子会

2012.11.16 23:46|お知らせ

月に一度の女子会です。

思いの丈を笑い飛ばします。

美味しいご馳走に心も身体も大喜び。

来月は カラオケ忘年会。

まだまだ、話は続きます。


高齢者

2012.11.15 16:50|お知らせ
両親を見ていて小さくなったなぁと思います。

目も悪くなり私の変化にあまり気づきません。

耳も遠くなりこちらが大きな声で言わないと

伝わりません。

動きが緩慢になり転倒しないか気になります。

考え方も守りに入っています。

車で外に連れ出そうとしますが

「あんたに迷惑はかけられん。」と言います。

お父さん、お母さん。

私の方こそいっぱい迷惑かけてきたね。

ごめんなさい。

だから、あいこだよ。

その分だけは、親孝行させてね。

野田政権が解散を決定しました。

テレビに向かって

父は ブツブツと不満を

母は 父の意見に大声で共感しています。

…まだまだ、大丈夫だわ。

いつまで経っても

親には 敵いません。

助手席

2012.11.14 14:03|お知らせ
車の助手席に座る事は、ありますか?

「助手席は 寝てはいけない。」

と言う方が いらっしゃいます。

どうして寝ては いけないのでしょう。

運転手に失礼だから。

と 理由を教えてもらいました。

眠たいなら 後部座席に乗りなさい。

と、言われました。

これって何だか変だと思っていたら

助手席の人が眠てたら、

運転手も眠たくなるから

と言うのが本音の様です。


私は 自分が運転していて

助手席の人が眠そうにしていたら

ホッとします。

だって眠たくなるほど安心してくれている

と思えるからです。

何だか嬉しくなってきませんか?

出発も停止も丁寧にします。

ね、大切な人を車に乗せてると思うと

自然に優しい運転になるんです。

助手席の人が寝ようが寝まいが

運転は、変わらないものだと思うのです。

数分前

2012.11.13 05:02|お知らせ
起床アラームの5分前に目が覚めるのは

辛いですね。

嫌いなもの

2012.11.12 23:56|お知らせ
嫌いなものを

心から好きになる事が

壁を崩します。


嫌いなものを心から愛せたら

壁が崩れます。

世界が広がるその瞬間

自分の小ささ と世界の大きさを感じます。

先ず、私から行動しなくちゃ、ね。

同窓会その2

2012.11.11 04:41|お知らせ
その2シリーズ続いてます。

今週は、看護学校の同窓会がありました。

こちらも みんな綺麗で びっくり!!

始めは「誰?」って思ってた人も

話してみれば「あー、○ちゃん!変わらんねぇ。」

と、いつの間にか学生時代にタイムスリップ!

全員で 寮生活でしたから

楽しかった事や面白かった懐かしい話で

盛り上がりました。

近況報告では 詳しくは話さなくとも

皆 頷き それぞれの状況を受け入れていました。

また 業種のせいか 再就職している人が殆どでした。

1番始めに結婚した私でしたが

Yちゃんに初祖母の座を譲る事になる様です。

次回は3年後に大分県別府市で開催の予定。(笑)

10年後には、皆で赤いちゃんちゃんこを着て

皆で還暦を祝う予定です。(爆)

先週の高校でも、そうでしたが

同じ時間を共に過ごした仲間は

遠く時間を経ても 同じ話題で楽しめるのですね。

年寄りならではの 楽しみにでしょう。

何だか元気が出てきました。

悲しみも辛さも年齢も

全部 笑いのネタにして

緩やかな右肩上がりの

体重と血液検査と共に

(給料は 右肩下がりですって)

泣いたり笑ったりして

過ごしていくのでしょう。

大の字

2012.11.10 04:11|お知らせ
子供達を指導しているKさんが

「僕はあの子達に言いたいんです。

運動場に大の字になって寝転がれ!ってね。」

私達の頃とは違う 今の教育。

子供達は、いつもビクビクしているように見えると。

だから、大地に寝転がって大空を見て欲しいと。

それは、少し前の話です。

今度は、その続きを聞かせてもらってきますね。

銀杏並木その2

2012.11.09 05:42|お知らせ

車を近くの駐車場の置いて

やっと撮影出来ました。

でも、気付いてしまったのです。

道路の中央線辺りから見える並木が

一番 綺麗なのです。

けれども、信号待ちしている運転手さんの前で

しかも 横断歩道の真ん中で

カメラのファインダーを覗くのは

かなり恥かしい…(^^;;

で、歩道からの撮影となりました。


桜の葉

2012.11.08 16:22|お知らせ

春はあんなに花が咲くのを楽しみに見つめていた

桜の木なのに

最近は、今にも落ちそうな

まるでぶら下がっているような

桜の葉っぱを遠目から見つめます。

5月には鮮やかな緑だった葉は、

まだらな黄色や赤に変わっています。

木枯らしが字の如く、すっかり葉を落としてしまうのに

そう日にちは かからないでしょう。

毎年、同じ事を繰り返し

木の幹は、太く頼もしく成長します。

どの生き物も成長の夏と温存の冬を繰り返します。

神様は、何て素晴らしい「生命」というものを

作って下さったのでしょうか。

幼子のような泣いたり笑ったりが

どれも いとしくてしょうがない。

そんな感覚になりながら

落ちていく桜の葉を美しいと思うのでした。

銀杏並木が…

2012.11.07 23:44|お知らせ

信号待ちでバックミラーに映った銀杏並木~

夏の青々した力強い葉が

秋の日が短くなったり

冷たい風に気付いて

次第に黄緑から黄色にかわります。

一斉に黄色く色づいた銀杏並木は

息を飲むほど鮮やかで

胸がすく感じがします。


ただ、困る事が…

丁度 車を運転している時に

その美しさに遭遇してしまうのです。


赤ちゃんの泣き声

2012.11.06 06:46|お知らせ
お金をおろそうとATMへ列ぶと

丁度 若いママが機械を操作していました。

ベビー用のショッピングカートにいる

小さな赤ちゃんが愚図っています。

次第に大きな泣き声になり

後に列んでいる人達の雰囲気が淀んできました。

でも、私は 久しぶりに聞く赤ちゃんの声が懐かしく

ふふふっ、と笑って

「ママ 大変だぁ。」と呟いてしまいました。

すると、すぐ前にいたサラリーマン風の男性が

優しい笑顔になりました。

ふと見ると、

周りの人達も優しい表情になっています。

きっと 子育てを経験した人は

思い出したのではないかしら。

煩わしい赤ちゃんの声が

溢れる生命の輝きに変わった瞬間を見たようでした。

若いママ、大丈夫だよ。

誰も煩わしいなんて思って無いから。

慌てず焦らず、しっかりと子育てしてね。

程なく、若いママは 小さなお兄ちゃんをも引き連れて

移動されました。

するとそのお兄ちゃんが急に

同じような声で泣き始めましたが

周囲の大人達が優しく笑った事に

とても心温まりました。

災害などの究極の場でなくても

普段の生活の中に

優しくなれる瞬間があるんですね。

皆がこの小さな気付きで幸せになるんだなぁ

と、嬉しくなりました。

日本酒の会

2012.11.05 00:07|お知らせ
本来 日本酒は 飲めないのですが

十六夜堂のマスターがお勧めして下さるので

3年前から参加させて頂いています。

昨夜のお酒も美味しく頂きました。

(^ー^)ノ

知ってるメンツが殆どですが

お顔とお名前が一致せず…

でも、美味しいお酒と酒の魚で盛り上がりました。

更に BGMが80年代と皆で大合唱!

「僕が小学生の時の曲だ~。」に

えーっと、娘が何歳の時だっけ?とは言えず…(笑)

同窓会

2012.11.04 13:38|お知らせ
50歳の節目とやらで

高校の同窓会がありました。

私達の学年は男子が多くクラスも理系(一応 σ^_^;)

だったので、女子はモテる

事も私には無く、淋しく辛い高校生活を送りました。

ならば、一人で生きていける看護師になろうと

看護科を受験したのでした。

(看護学校の初めてのコンパで主人に出会うとは…)

それは ともかく、女子は皆 綺麗でした。

さすがです。

男子は、様々でした。(良い意味で ね。)

と言うか、あまり話さなかったのです。

その少ない男子と話した内容で

面白い事がありました。

「おい、お前にファンが結構おったとよ。知らんやろうが。」

「嘘ー。」と私。

「お前にもおったとよ。知らんめぇ?」

と、横にいたFちゃんにも言いました。

Fちゃんは冷静に

「今頃 言われてもねぇ…」と大笑い。

今だから言える事だったのか

今だから からかわれるようになったのか。

まあ、嘘とも本当とも見極めずに

楽しい時間を過ごしたのでした。

みんなと笑顔で会えて楽しかったぁ。

また、5年後。

何がしたい?

2012.11.03 05:25|お知らせ
生きる事を突き詰めていくと


自分は 何がしたいか?


究極の何がしたいかは

誰でも「生きたい」のです。


突然、命を奪われかねない事態に陥った時

人は本能的に生きる道を探します。

しかし、それが短期間でない場合

初めて自分の「生きざま」を知ります。

「したい事」を犠牲にして

「生きる事」を優先しなければいけなくなります。


「甘い物を食べるのが生きがい」と言う人が

甘い物を食べられない病気になったら

死んでも良いから甘い物が食べたい!と思って

甘い物を食べ続けた後…

死の恐怖と一番苦手な辛さを味わう事になります。

それでも本望だと甘い物を食べ続ける人もいますが…

それでは、周囲の人も巻き込む結果となります。

障害物

2012.11.02 07:01|お知らせ
障害物は 元から準備されたもので

避けて通り抜ける事は出来ないのですね。

運命と言いますか、宿命と言いますか、

選ぶ事も出来ません。

でも、どうやって 乗り越えるかは

自分次第です。

消極的だと辛いものが

積極的に向い始めると

面白くなる事があるのです。

いずれ乗り越えないといけない壁ならば

楽しく乗り越えて過ごしたいものです。

どうせ一度の人生だもの。

楽しい時間が多い方が良いもの。

水の音

2012.11.01 09:16|お知らせ
同じ水の音なのに

海の波の音は苦手なのです。

変ですね。

川の音は ちっとも平気。

むしろ 落ち着きます。


じゃあ、雨の音は?

水の音にも色々ありますね。
| 2012.11 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Catherine

Author:Catherine
気功師 Catherineです
女性のための
出張気功、気功教室を行っています

上海气功院 春日 -Catherince-

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ページトップへ