FC2ブログ

人間

2012.08.31 06:06|お知らせ
「人を単独に見るのでは無く
人と人の間を見るようになりました。」


最近 よくお話をするようになった方の言葉です。

まさに 人間関係が見え始めた瞬間ですね。

素晴らしい。
スポンサーサイト

エコな生活

2012.08.30 00:43|お知らせ
エコロジーな生活って
とても地味で

がっぽり儲かる事も無く

常に何かの仕事に関わっていて

完全にフリーになる事が少ない。

細かい時間配分が必要で
同時に多くのものに
気配りをしている。

でも、だからこそ
多くのものから
温かい愛情を
貰えるのかも知れない。

その愛情は
深く優しく
心豊かになれるものかもしれない。

エコロジー

2012.08.29 04:53|お知らせ
怒りでは無い原動力って

まるでエコロジーです。

環境に配慮している感じです。

つまり、成熟した社会の
新しいエネルギーって感じです。

ならば 怒りは私にとって
原発の様なものだったのだろうか?

私にとって怒りほど出るエネルギーはない。

でもその怒りは周囲の人に迷惑をかけてしまう。


ただ、あまりにも私が幼い
(精神的に成熟してない)
と言う話なのだが。

怒りでは無く…

2012.08.28 05:29|お知らせ
怒りでは無く、勇気を持とう。

怒りでは無く、夢を持とう。

怒りでは無く、慈愛を持とう。

怒りでは無い原動力を持とう。

怒りが無さ過ぎ?

2012.08.27 05:09|お知らせ
果たして私は
人を許しているのか?

それとも、放棄しているだけなのか。

怒りは 無い。

だからか、バネにならない。

そう、エネルギーにならない。

でも、怒りがあると生きていけなかった。

だから、怒りを手放したつもりだった。

それほど、私の怒りは頂点に達し

私を貶め 人生の底を這い回っていた。

「このまま 死ぬのかな…」

それでも 私は朽ちる事無く、生きていた。

そうか、こんな私でも神様は命を見つめているんだ。

人生の底で見つけた光。
細い糸。

それから今に至るのだけれど。。。

人生の底で見つけた光。
細い糸。

その光は いつまでも遠く

細い糸は 直ぐに するりと手から離れていく。

もしかすると、この細い糸は

怒りなのかもしれない。

ちょっとは怒りを持ってバネになさい

と言われてるのか?

生きるなら

2012.08.26 00:24|お知らせ
どうせ生きるなら 自分の思い通りに生きればいい。

お医者様

2012.08.25 22:50|お知らせ
「昔ながらの命令口調のお医者様の所(病院)は

あまり流行っていないらしい。」

立派な方で 医学用語ばかりで説明されても患者側は

むしろバカにされてる感が拭え無いようです。

「看護師さんに教えてもらって初めて意味がわかった。」

と聞いて

頭が良すぎるお医者様も大変なんだと思いました。

優しくて丁寧で…

そんなお医者様が求められる

のかも知れない。

諦めない

2012.08.24 03:08|お知らせ
一昨日の商工会のサービス部会 幹事会の事です。

「良いと思った事は、諦めずにやる事。

その努力の結果は、ちゃんと出たね。」

と部長さんが笑顔で話されました。

先月開催した「加賀屋」の長子さんの講演会が

高評価だったのです。

実は昨年、商工会の会員さんを対象に

「加賀屋」へ伺う予定でしたが

予定人数に達せず開催されなかった内容だったのです。

伺う事が出来ないなら、来て頂こう、と言う事で

今年、長子さんにおいで頂いたのです。

「おもてなしの心」

それは私達サービス部会が

最も大切にしたいと考えている事です。

これを商工会の皆さんに聞いて欲しい。

昨年からの幹事さんが頑張って下さった

努力の結果なのです。

諦めずに計画・実行して下さった事に

拍手!!

良い事

2012.08.23 12:20|お知らせ
「『良い事をしましょう。』って言うけど

良い事 ってどんな事?」

昨夜の飲みの席(私はシラフ)で

話題にあがったのです。


普遍的に良い事。

自分が良いと思う事。

じゃあ、相手にとって悪くても良いの?

ならば

偽善・欺瞞が良い事?



みんな飲んでるから

最終結果が出ずに終わっちゃったけど

みんな 真剣に考えてるんだね。

嬉しくなっちゃった。

深海

2012.08.21 05:23|お知らせ
宇宙の映像を見てたら

深海みたいだと思いました。

いろいろな形の銀河は

まるで一匹のプランクトンの様です。

銀河がプランクトンに見えるなんて…

でも、とても不思議な感覚です。

夕方の空

2012.08.20 16:39|お知らせ

急に黒雲が空を覆い

遠くで雷が鳴り始めました。

…バーン!!

すぐ近くに雷が落ちた様です。

怖いよう。


朝の空

2012.08.20 16:32|お知らせ

ピカピカの青空とツヤツヤの入道雲が眩しい。

自らの怒り

2012.08.20 05:56|お知らせ
人は怒りの後に行動を起こします。

敵では無く ライバルに負けた悔しさこそ

自分への怒り。

それは 次へのエネルギーになるのです。

そして、それは

相手を攻撃するものでは無く

相手をつまり 今の自分を
越えようとするものなのです。

オリンピックが終わりました。

パラリンピックが始まります。

彼らも自分と言うライバルに負けそうになる自分に

怒り、
そのエネルギーをバネに

肉体を精神を五感を磨いて

人類の限界に挑戦しているのです。

人って素晴らしい!!

弄ぶ

2012.08.19 10:23|お知らせ
ある人は

「人の心を弄ぶ(もてあそぶ)のが面白い。」

と言います。

では、弄ばれた方は どうなのでしょう。

ここで誰に弄ばれたかで

まず 答えが変わってきます。

好きな人だったら嬉しいでしょう。

でも、嫌いな人だったら、怒り心頭となるはずです。

でもね、脳の反応はどちらも同じに反応してるそうです。

(活発な反応)

つまり、脳と気持ちは必ずしも一致しない

と言う事になります。


でも、弄んだ方は 恐らく同じ気持ちでしょう。

相手がどんな反応をするか楽しみ と。

でもこれは 相手を試す事になります。

私は決して良い事と思いません。


するべき事は

素直に自分の気持ちを伝える事。


そう思う様になりました。

自分が有利に立ちたいとか

相手からバカにされたくない

何て思いがあると

相手に自分の思惑を知られないために

そして、

相手の自分への気持ちを知るために

試してしまう…


◯◯したいんだけど、時間あるかな?
手伝ってくれる?

気持ちが伝わると、
時間を作ってでも手伝いたくなるものです。


もてあそぶ。

綺麗な言葉(言い易い・本当の意味が分かりにくい言葉)は

薬の名前と同様

怖いものがあります。

占いは古い

2012.08.18 23:58|お知らせ
じゃあ、何が新しいの?


占いって 誕生日だったり 手相だったり

過去の統計で出す事が多いですよね。

そう思うと 占いって意外に堅実なんだと思いました。

血液型だって 科学的立証はされてなくても

確かに血液型の傾向はあると思われます。

そうなるのは 私達の祖先が

経験と知識を

少しづつ蓄えてきたもので

決して間違いではないと思います。

では、新しいものとは?

やっぱり過去の人からの産物なのですが

キチンと統計にしてこなかったもの。

これから統計と言うよりは

学問にしていくもの。それは


「心」です。

精神性 または 心理

と言えば既に学問になっているものです。


では、何故か?

人は 気持ちで行動するからです。

人は 平等と言っても好みがあるからです。

そして、一括りに決定打が無いからです。

万人に通ずるものがあっても

受け止める心が

そして それによって成す行動が

それぞれ違うので一括りに出来ないのです。

じゃあ、一括りに出来る事が 新しいの?

いえいえ、一括りに出来ない事が新しいのです。

ピッタリ

2012.08.17 06:04|お知らせ

ちょうど欲しいと思っていた 小さなバッグ。

携帯を入れるのにピッタリのサイズです。

2012.08.16 06:57|お知らせ
尖閣諸島に上陸した中国。

竹島を韓国の物としたい韓国。

北方領土を訪れるロシア。

韓国は ITなどでグンと伸びてる国なのに。

中国もロシアも国土はとっても広いのに。


小さな島。

あるがままで そっとして欲しい。

人が必ずしも住む必要もない

自然のあるがままの島。


人間が

欲に駆られると感情が抑えられなくなる。

まさにそんな感じです。

人間なのですから 冷静に話し合いたいものです。

リラックス

2012.08.15 00:04|お知らせ
今の心の色は パステルカラー。

ボワーンとした淡い色が あちこちに広がります。

リラックスしているからでしょうね。

呼吸も穏やかで 身体の芯がしっかりしている感じです。

ちっとも 眠くならない時もあるんですね。

何をしようかしら。

時間が出来て 得した気分です。

金星食

2012.08.14 05:32|お知らせ
先ほど 金星食がありました。

残念ながら厚い雲に覆われ

この目で確かめる事は出来なかったのですが

今年は何かと天体ショーの話題が多いです。

偶然なのでしょうが 偶然こそ何かをかんじるものです。

見えない金星食に思いを馳せ

厚い雲を眺めていました。

帰省ラッシュ

2012.08.12 21:57|お知らせ
ちょっと出掛けようと車を出した所…

う、動かない。

帰省の渋滞に嵌ってしまいした。

そうでした。

九州は お盆旧のお盆なのです。

九州縦貫道(高速)もその周辺の抜け道も

ノロノロ、のろのろ。

ま、良いか。

みんな 輝いてるね

2012.08.11 20:40|お知らせ
オリンピックのテレビを見ながら

母が呟きました。

「みんな 輝いてるね。」


母は スポーツ観戦@テレビ が大好きなのです。

「応援しなくちゃ。」と新聞のテレビ欄は

あちこちに赤鉛筆で印がついています。

「お母さんは 応援で忙しいね。」と言うと

嬉しそうに「そうよぉ。」
と答えてくれました。

今の母の元気の源は

オリンピックで全力を尽くしてくれている

オリンピック選手の輝きなのです。

選手の皆さん、素人には わからない努力を

その輝きの影に重ねて来られたんだと思います。

皆さんの姿を見せて頂く事で

私達はこんなにも喜べるのですね。

ありがとうございます!!

それなりに元気。

2012.08.10 00:36|お知らせ
お互いの誕生日近くでデートする友達がいます。

前回は どうしても都合が合わず

今回一年ぶりに会えました。

「どう?元気にしてた?」

「うん、相変わらず。」

お互いの子供達は 就職し 皆一人暮らし。

「お母さんは 元気?」

「うん、お陰様で。キャサリンの方は?」

「うん、うちも元気。」

学生の頃の友人ですから

お母様も存じ上げているわけで。

うん、幸せだ。

次は子供達の結婚の報告ラッシュになるかもね。

まだまだ、お楽しみは 元気いっぱい。

なったら なった時

2012.08.09 13:29|お知らせ
まだ 来ない未来を嘆いても仕方ない。

なった時は 悔やんでも仕方ない。

なったら なった時に

自分の出来る事をするしかないんですもの。

過去だって今更どうにも出来ないし。

どうせなら 笑って過ごしたいものです。

ここから先

2012.08.08 12:10|お知らせ
今からの人生では

今が一番若いんだもの。

夏空のキャンパス

2012.08.07 06:22|お知らせ

空の青さが目にしみます。

ただ、綺麗としか 言いようがありません。

夏空のご馳走

2012.08.06 13:59|お知らせ

入道雲は ソフトクリームより美味しそうです。

あの もくもく感が たまりません。


彩雲

2012.08.05 18:17|お知らせ

初めて見ました。

ん?虹かな?

無敵の太陽

2012.08.05 10:55|お知らせ

夕陽が西鉄電車の鉄塔や

福岡都市高速道に縛られています。

可哀想と思うのはきっと私だけ。

だって、それでもあんなに輝いて美しいんだもの。

太陽には 敵わないなぁ。


楽しみ

2012.08.04 21:54|お知らせ
大濠の花火大会を見逃して

とても残念な気持ちがいっぱいでした。

なんたって、私は花火が大好き。

近くであるらしき花火に知人を誘いました。

いつも音だけ聞いていた花火だけに

とても楽しみです。

怒りの陰

2012.08.03 00:31|お知らせ
怒りが生じた時

その前に別の感情があるんですって。

子供が迷子になったら 探しますよね。

やっと見つかった時 怒りが込み上げてきませんか?

色んな人に迷惑かけてしまった と。

きっと 怒りと同時に 涙が溢れて来るはずです。

その涙に 見つかる迄の感情が見えています。


そう。「居なくなって とても心配した。」

だから「見つかって嬉しかった。」のです。

怒りの陰になってしまった感情を

きちんと 掘り起こして

素直に相手に伝えると

例え子供であっても 通じるものです。

素直の良さって

まっすぐに相手に入って行く所ですね。


何かで怒りが生じた時、

その前の気持ちを 思い出してみようと思いました。
| 2012.08 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Catherine

Author:Catherine
気功師 Catherineです
女性のための
出張気功、気功教室を行っています

上海气功院 春日 -Catherince-

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ページトップへ