FC2ブログ

帯津良一先生と一緒に。

2010.07.31 10:44|お知らせ

今回もお写真を一緒に撮って頂きました。

帯津先生は気軽に応じて下さいました。


スポンサーサイト

水輪ナチュラルファーム

2010.07.31 08:32|お知らせ

水輪の東側に農園があります。

そこには、有機栽培で育てられてる野菜達がいました。

雑草を抜かないので土が軟らかいのです。

勿論、伸び過ぎた草は日当たりを悪くするので

草刈は、するそうです。

でも、決して雑草は抜かないそうです。


再び、長野に来ました。

2010.07.30 11:53|お知らせ

博多は昨日より晴れています。

飛行機で降りた羽田は、小雨でした。

さて、東北新幹線で到着した長野は…



なんと快晴 !(^^)!

九州ほどではありませんが

暑い!!


あ、やっと同じ所に行く方に会えました。

勿論、初めてお会いする方々です。

今日からの3日間、有意義に過ごします。

はい、第2回「いのち学」を受講してきます。



オーブ

2010.07.28 23:44|本日のツボ
オーブは 良いものでしょうか?

そうではないのでしょうか?

だいたい オーブ って 何でしょうか?

魂?霊?

ある人は 良いものだと言うし

違う人は 良くないよって言います。

始めは怖い感じがしました。

慣れてくると見つめることが 出来るようになりました。

(あ、写真の中だけです。実際 私は 直接 見えません。)


最近 よく聞くようになった オーブ です。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル:心と身体

ゴーヤー

2010.07.27 06:02|お知らせ

夏の食事の強い味方「ゴーヤー」です。

すくすくと育っています。


空、空、空…

2010.07.26 05:45|お知らせ

最近、空ばかり見ています。

上ばかり見上げていると言った方がいいかしら…

悪い事があった訳でもないのに…

みんなと繋がっていたいから?


2010.07.25 21:44|お知らせ

山の方から雷がゴロゴロしだしたかと思うと、

急に辺りが暗くなって、突然、ボツ、ボツボツッ、と

大粒の雨が激しく降り出しました。

自転車の人は、自転車から降りて押して歩いていました。

女性は数人、お店の軒に雨宿りしています。

なのに、西日が差しはじめました。

狐の嫁入りだねぇ。

誰にとも無く呟いていました。

日差しの反対を見てみると、消えそうな

虹が…


空模様

2010.07.24 23:44|お知らせ

まるで、絵画のような雲が大空をキャンバスに

描かれています。

誰が描いたのでしょうか。

空の色のグラデーションや雲の自由な動きに

しばし、感動する私でした。

何千年もの太古から、変わらず地上を見つめている

空模様は、何を考えているのでしょう。



夜明け

2010.07.23 05:09|お知らせ

随分と夜明けが遅くなりました。



我が家の蝉

2010.07.21 07:15|お知らせ

朝も早くから「ジャン、ジャン…」鳴いてる

蝉君達です。

蝉時雨とは良く言ったものだと思うくらい

全身から蝉の声を感じています。

岩に染み入るくらいですから、私の身体にも

気持ち良く入って来てます。



2010.07.20 05:55|お知らせ

映画のレイトショーを見て、外に出ると

月が…しかも、大きな三日月が

西の水平線に沈みかけていました。

思わず、車に乗って西にむかって月を追い掛けました。

西の空を良く見渡せる高台に、程なく尽きましたが、

月はもう、そこには、いませんでした。



白糸の滝

2010.07.19 00:28|お知らせ

先日の大雨で水量が増した

福岡市の西(糸島市)にある

「白糸の滝」です。

滝にたどり着く少し前の道は

昨年の大雨で崖崩れになり

私有地のためか

今でも山肌が剥き出しになっていました。


涼を求めて多くの人が訪れていました。

流石に滝の付近は、ヒンヤリとします。

少し水飛沫が飛んで来て、お肌に良い感じです。



真夏?

2010.07.18 03:44|お知らせ

外ではアブラゼミが「シャァシャァ」と鳴いています。

本日、たまにはとコーヒーショップへやってきました。

何て涼しいんでしょう!!

とっても贅沢な時間を過ごしてます。


メール

2010.07.17 02:36|お知らせ
神様にメールが出来たら良いなって思いました。

お返事は、来なくても良いの。

お願いしたり、お尋ねしたり。

良い事あったらお礼を打つんです。

「ありがとうございます。」って。

久しぶりの…

2010.07.16 23:58|お知らせ
400ml献血をしました。

いつも、成文献血をするのですが

本日は、商工会主催の献血なので

時間を作ってお出かけ~♪

卵を1パック頂きました。

ありがとうございます。

o(^-^)o

災害

2010.07.15 00:12|風水
自然の中にあって、生かされている私達。

災害が起きて、やっと思い出すのが自然の恐さですね。

昨年同様、大雨で交通も麻痺し、

避難勧告があちこちの自治体で出された福岡ですが、

やっと終了していた那珂川の護岸工事など

ぎりぎりで間に合った人間の微力もあれば

思いもかけない所での災害等も起こっています。

このまま、雨が降り続いて「ノアの箱舟」のお話みたいに

なっちゃうんじゃないか…なんて不安になります。

バケツをひっくり返したような雨の音を聞きながら…

福岡市南区那珂川

2010.07.14 07:39|お知らせ

九州がんセンター付近の那珂川です。

溢れそうになっています!

この河口は博多湾ですが、博多の中洲を挟んで

下ります。

ちょっぴり不安になってきました。


梅雨

2010.07.13 07:32|お知らせ

福岡でも大雨が続いています。

皆様も充分お気をつけ下さいね。


師匠⑤

2010.07.12 04:10|お知らせ
普通、亡くなった人が夢に出てくるのは

49日を過ぎてからなのですが

小野先生の場合は、数日後に私の夢に登場しました。

お客様には、決して見せない表情で、私と

意味の無い会話をしました。

そして、小野先生は3夜連続私の夢に現れましたが

次第に会話は減り、3日目には

無言のまま目が覚めてしまいました。

何かが言いたかったのがわかりました。

言いたい事が言えないのもわかりました。

小野先生が亡くなって3回忌が過ぎ

私は小野先生が言いたかった事・言えなかった事に

答えられているのでしょうか。

師匠④

2010.07.11 06:54|お知らせ
大田篤さんから小野先生の状況を知らされて

少し肩を落としてしまいました。

聞きたくなかった事を聞かされた感じです。

でも、それが現実でした。

上海气功院、つまり、小野謙一先生に関わる人が、集まりました。

今までの経過とこれからの事を報告・検討しました。

それから、数日後に小野先生は私達を置いて…

そうです。七夕の朝に

白竜に乗って空へ昇っていってしまいました。

しなければならない事

2010.07.10 09:15|お知らせ

私達は、何故生まれて来たのでしょうか?

人は色々なシーンで考えるテーマだと思います。

小野先生は、私達に気功を教える事が

生まれて来た理由の一つだったかもしれません。

私は小野先生から気功を習い医学と統合したものを

多くの人に提供し、痛みや辛さを減らす事が

私の生きる理由と思っています。

そして、それは私の しなければいけない事 なのです。





テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル:心と身体

師匠③

2010.07.10 06:42|お知らせ

2時間程して、大田さんから連絡がありました。

「天寿ではないけれど、時期は時期。」

小野先生の寿命は百歳と聞いていたので、

皆、小野先生は死ぬはずが無いと思い込んでいました。

しかし、大田さんは「小野先生は(この世で)

しなければならない事は出来たようです。」

と話されました。



師匠②

2010.07.09 07:43|お知らせ

N女史に会う日の朝、

私は21世紀のエネルギーを提唱する大田篤さんに

小野先生の事をお話していました。

N女史と会った後、肝心の「何かが起こりそうな夜」を

私は不覚にもうつらうつらと過ごしていました。

翌朝気になり再度大田さんに連絡しました。

「小野先生は、元気だったよ。」とN女史が言うように

エネルギー同士の交流では問題なかったようでした。

そこで、私は昨夜何か変化があったかも知れない旨を

大田さんに伝えました。

大田さんは少し間をおいて「再度聞いてみましょう。」

と更に上の段階へ話は進んだのでした。


~ 続く~

師匠

2010.07.07 22:10|お知らせ
2007年の七夕に師匠の小野謙一氏は

白竜に乗って天へ戻ってしまいました。


その1週間程前に、発熱や胸痛を口にしていたそうです。

小野先生が倒れた、と姉弟子のF氏から連絡があり

思わず「嘘でしょう?」と言ったのを覚えています。

CCUに緊急入院の為、家族以外は面会も出来ず

小野先生の状況は、F姉弟子の情報しか、

頼るものがありませんでした。

自分なりに、小野先生に呼び掛けるも反応なく

さっぱり状況月掴めず困ってました。


偶然、会う事になっていたN女史にポロリとその話をすると

「ちょっと待ってね。」と早速、アクセス。

勿論、私達普通人が知らない所に。。。

「えっとね。弟子達の力は要らん、って。

だから、キャサリン達が、どんなに知ろうとしても

先生が拒否してんだね。

確かに、エネルギー的には、大丈夫なんだけど…

身体的に70%かな。ちょっと、厳しい感じ。

後少し身体の方を治せる人がいると良いんだけど…」

更に、「今夜何か展開があると思う。

気をつけておいた方が良いよ~じゃ~ね~」

とN女史は、去って行きました。

   ~続く~

本音

2010.07.06 05:43|お知らせ
本音は、魂の思いでしょうね。

では「言葉が降りてくる」というのは?

いえいえ、それは、ただの思考の構築でしょうか。

でも、熟考した後に、ふとひらめくものは

魂からのメッセージかもしれませんね。

試されてる?いえいえ。

2010.07.04 23:51|光に向かって
ある人が かなり大変な 仕事状況に

「私達は 試されてるのかも しれません。」

と 私に話してきました。

「?」と思った私です。


私達は 生まれる前に 大きな神様(と言いますか…逆らえない力)に

人生計画書を立てて この世に来てるのです。

見えない、聞こえない世界の話なので

100% 信じているわけでは ないけれど

そう考えた方が いろいろと つじつまが合うのです。


とすると、試されているのではなく

自分で「こーんな でっかい壁を 頑張って 乗り越えるんだ!」

と 自分で立てた計画なので

それらは 全て 実行しなければ なりません。


N女史は 辛い人生を 歩んでいますが

「その時の自分に戻って 計画を書き換えたい!」

と 嘆いていました。


冷たい言い方ですが 現実に 今の状況は

自分達が 日頃から招いた結果でしか ありませんから。

たとえ、偶然が重なったとしても、ね。


だけど、「よーし、盛り上がってきたぞー。」

ぐらいの勢いで 楽しんじゃいましょう。


N女史が 壊れたように言いました。

「ハハ…どう思う?私のこの人生。 ありえ~ん


先ほどの「ある人」に N女史の半生を 聞かせたいです。

聞くも涙、語るも涙…


テーマ:心と身体
ジャンル:心と身体

新車

2010.07.03 23:17|本日のツボ
父の車が16年乗っている代物なのですが

この度、新車に買い換える事を 検討しています。


今の車も ご機嫌なので 気に入っているのですが

ミッション部分から 充填液が漏れてきたり…

ここを直すと またあちら…と

次々に 修理しなければならない状態になってきました。

車検の金額もぐんと上がると 父は ぼやき

勿論 税金も上がっていく羽目になります。


ならば、維持費の安い 軽自動車を買おうと 言う事になりました。

本日、スバル・ダイハツ・ホンダの3社を巡りました。

まだ 買ったわけではないけれど 何だかワクワクします。


お勧めの車がありましたら 教えて下さい。


テーマ:軽自動車
ジャンル:車・バイク

ガリレオ

2010.07.03 07:13|お知らせ
誰も認めてくれないけれど

正しい事は正しいでしょう?

ガリレオが天動説の時代に地動説を説いたように。

時代が追い付かないものって、

やっぱりあるんだ、と思えてなりません。

ティンガーラ

2010.07.02 23:48|お知らせ

一昨日、ご紹介した「ティンガーラ」での

ライヴ風景です。

真ん中のマイクを持って歌っているのが

マスターのうっきいさんです。

この日も、和気あいあいの中、

みんなで大合唱\^o^/

楽しかったぁ。



伝わる

2010.07.01 20:47|お知らせ
「教える側が楽しくないと楽しさが伝わらない。」

ある教師の言葉をお借りしました。

生徒さんに教える教師ですから

当然なのかもしれませんが

同じ事がどんな場合も言えますね。

私は楽しくお伝え出来ているでしょうか?


自分を振り返るチャンスが幾つも飛び込んで来ます。

有り難いです。
| 2010.07 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Catherine

Author:Catherine
気功師 Catherineです
女性のための
出張気功、気功教室を行っています

上海气功院 春日 -Catherince-

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ページトップへ