FC2ブログ

21世紀 養生塾 福岡

2014.10.27 08:15|中医学
11月15日(土)・16日(日)に

「21世紀 養生塾 福岡」を開催いたします。

がんの患者さんが注目されるお医者様といえば

帯津良一医師ではないでしょうか?

でも、そのお話の中身は決してがんの患者さんだけのものではありません。

私たち現代に生きる人間は心身ともに困憊しているところがあります。

「如何に生きるべきか?」そう考える人も多いと思います。

でも、実はとっても簡単。

いろんな悩みをサッと解消して下さるのが

帯津先生のステキなところ。

福岡の会は、がんの患者さんだけではありません。

年に一度は、帯津先生の話を聞きに行こう!

そんな 楽しい方もいらっしゃいます。

是非あなたもご参加下さい。

きっとこれからの生き方がワクワクしてきますよ。

・-・ ・-・ ・-・ ・-・ ・-・ ・-・ ・-・ ・-

場所は「クローバープラザ」です。

(福岡県春日市原町3丁目1-7
     電話092-584-1212)

最寄り駅は JR鹿児島本線 「春日駅」
(博多駅から下り4っつ目の駅、普通列車しか停まりません)

春日駅から徒歩1分
(改札口を出て左に。階段を下りて目の前の建物です。)

・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

15日 会場:506研修室

     講演会 13:00~16:00

帯津良一医師  「僕の生き方」

小柳左門医師  「福岡のかおり」
(原土井病院院長)

お二人による対談

・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-・・-

16日  会場:第1和室

      車座交流会  10:00~13:00

「時空」(呼吸法)の実践

交流会

・・・--・・・--・・・--・・・--・・・--・・・--・・・

開場はどちらも30分前です。

参加費:15日・16日それぞれ3,000円 ←これってありえない金額!!
     (当日1,000円増し)

お申込・お尋ねはコメント欄または
上海气功院春日のHPのメールフォームにて
お知らせ下さい。
スポンサーサイト

病気になる時

2009.09.09 21:18|中医学
病気になる時って どんな時でしょうね。


体力が 落ちている。

充分な睡眠が とれていない。

栄養のバランスが 悪い。

過剰なストレスが かかった。

継続的な無理が 続く。

不自然な体勢での 仕事。

菌が蔓延している所に 遭遇。

飲食物から 病原を摂り込んでしまう。

・・・・


どれも 心当たりがあると思います。

人間は その中でも いろいろと 病気にならない工夫をしています。

新しい情報で 注意する重要度を 変えています。


でも、基本は 健康である事 なのですね。


先に書いた 病気になる時 のような事をしなければ

健康で いられるはずですね。


そして、身体だけでなく 心も 大切にしてあげて下さい。


でも、仕事において ここぞの時は

無理をしなければいけない事も あるでしょう。


その時以外は 時間を作って 心身を いたわってあげて下さい。


病気は 心と身体の悲鳴 なのですから。


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル:心と身体

六淫の複数攻撃

2009.06.25 16:58|中医学
昨日、六淫は

六気の異常 つまり 気候の変動が 人体を襲う と お話しました。

所が、六淫のうち四季のイメージと重なりにくい「風邪」「火邪」は

「風邪は四季いつでも発生し」

「火熱は 五気の気化 によって発生する」といわれます。

つまり、カゼと 熱のある病気は 一年中起こる そうです。


大陸的に 考えましょう

更に 東洋医学の 生理観の根底は コチラです。 )


カゼを 風邪と書くのは 風邪が 元になっていますが

カゼの原因は

風邪だけでなく 熱邪(火邪)に同時に襲われると 高熱 をだします。


六淫の複数が 一度に襲来してくる場合は

「寒熱の病邪」 とか 「風熱の病邪」 と言います。


五気の熱化とは

火邪 意外の病邪も 火熱に変わる事がある という意味だそうです。


テーマ:美容と健康
ジャンル:心と身体

六淫

2009.06.24 23:02|中医学
昨日の 「六気と季節」の表 の 下の段にある

六淫 を 本日は お話しましょう。


六淫とは 病邪 とも言い

「風・暑・火(熱)・湿・燥・寒」 という 六気の異常 によって発生する

6種類の病因の総称 です。

それぞれ、「邪」をつけて

「風邪・暑邪・火邪(熱邪)・湿邪・燥邪・寒邪」 と呼びます。


風 軽い。変化。揺り動かす。

暑 炎天。蒸発消耗。

火 暑い。焼き尽くす。出血。

湿 重い。濁る。粘る。下へ流れる。

燥 乾燥。潤いがない。

寒 冷える。縮む。流れが止まる。


厳しい暑さで 夏バテや 熱中症に なるのは

「暑邪」 が 人体を襲っため と考えます。

この場合の「人体を襲った」は 体の周りに 病邪が取り付いた段階

" catch cold "に 似た 「障害している」 状態です。

これが体内に入ると 「侵入」 となります。



テーマ:美容と健康
ジャンル:心と身体

六気

2009.06.23 19:31|中医学
六気 とは 簡単に言うと 気候のこと だそうです。


 六気と季節

季節  春   夏   長夏   秋   冬 

六気  風   暑・火  湿   燥   寒

六淫 風邪  暑邪  湿邪  燥邪  寒邪 
       火邪(熱邪)


六気 そのものは 人体に 無害ですが

六気が 過多 あるいは 不足 により 病気が 引き起こされます。

正確に言うと 六気は 気候の特徴の事で

上記のように 四季に当てはめる事が 出来ます。

(長夏は 梅雨にあたり 中国では 秋の前に来る季節 だそうです。)


テーマ:美容と健康
ジャンル:心と身体

| 2019.08 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Catherine

Author:Catherine
気功師 Catherineです
女性のための
出張気功、気功教室を行っています

上海气功院 春日 -Catherince-

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ページトップへ